藤原政文BLOG

島根県雲南市議会議員 藤原政文のブログ

戦没者慰霊祭

昨日は、平成30年度雲南市戦没者追悼式がありました。

f:id:mfujihara8:20180706172734j:plain

先の大戦でお亡くなられた2,354柱の御霊を追悼するとともに、ご遺族の心の平安を願い、世界の恒久平和を祈念するための慰霊祭です。

主催者追悼の辞、献花の後、遺族代表の追悼の辞もありました。

遺族会長に続き追悼の辞に立たれたのは、遺族会女性部、昭和34年生まれの戦争を知らない世代の方。

しっかり引き継がれなければなりません。

厳粛な慰霊祭でした。

重ねて御霊のご冥福を祈ります。 礼拝。

 

引き続き「平和講演会」がありました。

講師の山口県周南市にある回天記念館館長 松本紀是(としゆき)氏により「知られざる人間魚雷回天」と題しての講演でした。

松本館長も戦争を知らない世代、それでもあの悲惨な戦争を語り継がなければならないという思いが講演を通して訴えられたことでした。

f:id:mfujihara8:20180706172748j:plain

 

私は30数年前、回天に乗られた?(訓練を受けられた)方と仕事の関係でお話をしたことがありますが、改めて人を人と思わない「人間魚雷」のお話を聞き、戦争の悲惨さ、愚かさを語り継がなければと感じました。

 

講演会終了後共催事業の「雲南市遺族会平和展示会」を見学しました。

f:id:mfujihara8:20180706172754j:plain

遺書、遺品などがずらり、

f:id:mfujihara8:20180706172758j:plain

これも語り伝えなければならないことでした。

 

「平和を」の都市宣言をしている雲南市、世界の恒久平和を訴え続けなければなりません。

今日のイベントを通して思い出すのが、永井隆博士の「この子を残して」の「鳩と狼」の一説。以下引用

たとい最後の二人となっても、どんな罵りや暴力を受けても、きっぱりと〝戦争絶対反対〟を叫び続け、叫び通しておくれ!
たとい卑怯者とさげすまされ、裏切り者とたたかれても〝戦争絶対反対〟の叫びを守っておくれ!』

 

平和を!