藤原政文BLOG

島根県雲南市議会議員 藤原政文のブログ

あれから8年 東日本大震災

  2011年(平成23年)3月11日(金曜日)14時46分、未曽有の大惨事が発生しました。

その時、雲南市議会3月定例会は、産業建設常任委員会の真っ最中でした。

休憩時間にテレビに目をやると、瞬時には理解できない、これまで見たことのない光景が映し出されていました。

そして、時間の経過とともに、その被害の甚大さに驚くばかりでした。

当時、議長職にあった私は、皆さんと相談し議会最終日の冒頭、議事に先立ち、「犠牲者の方々に哀悼の意を表するとともに、ご冥福をお祈りし、黙とうをささげたいと思います。」と口上を述べ、全員で黙祷しました。

f:id:mfujihara8:20190311171040j:plain

平成23年3月24日雲南市議会3月定例会最終日冒頭口述(会議録より)東北地方太平洋沖地震

平成23年 3月定例会(3月24日)左記をクリックし、さらに左欄No.1 □議長(藤原政文君)の部分をクリックすると、その会議録がご覧いただけます。)

 

続いて、「東北地方太平洋沖地震災害に関する決議」

を、全会一致で可決しました。

f:id:mfujihara8:20190311202529j:plain

 

今でも忘れられない2011年3月定例会です。

 

あれから8年、復興は進みつつあるもののまだ途上、未だに自宅に帰ることができず避難所生活の方もいらっしゃいます。また、人の心を平気で傷つける言葉が未だにあるなど、傷跡が多く残っています。
一方で、2011年4月に中学に入学した生徒たちによる、「いのちの石碑」建立プロジェクトが進行中で、この合言葉は「1000年後の命を守る」と未来へ繋がる活動もあります(こちら)。

改めて、犠牲者の皆様のご冥福を祈り、一日も早い復興を祈る一日でした。合掌

 

明日12日、明後日13日の二日間、教育民生常任委員会です。